未分類」カテゴリーアーカイブ

法的な権利が消滅する

Published / by 管理者

消滅時効というのは、お金を借りた人に対してお金を貸した人が請求等をしないで、法律で決められた一定期間が経った際に、お金を借りた人の権利の法的なものが消滅するものです。例えば、借金を金融機関からしていたが、全く5年間以上請求されなく、返していなかったような場合、消滅時効を金融機関に対して主張すれば、金融機関は返済をお金を借りた人に要求することが不可能になります。消滅時効が成り立つためには、法律で決められた一定期間が経過し時効中断が無いこと、消滅時効をお金を借りた人が主張することが必要です。

時効中断の場合には、返済や支払督促・訴訟等の裁判上の請求等が該当するため、返済もしなく、訴訟も起こされない期間が一定期間続いている必要があります。一定期間を経って時効中断が無い場合に、消滅時効をお金を借りた人が主張することによって消滅時効が成り立ちます。しかしながら、消滅時効が成り立って一定の期間が経っている場合でも、1度でも返済を消滅時効を主張しない間に行うと、消滅時効を主張することは不可能になってしまいます。そのため、返済を最後に行ってから期間が相当経ってから、請求が貸金業者から届いたような場合には注意しましょう。

消滅時効が適用になる

Published / by 管理者

民法上の時効としては、消滅時効取得時効の2つがあります。借金の時効の場合は消滅時効が適用になります。消滅時効というのは、権利が一定期間行使されない場合に、その権利が無くなるものです。

では、一定期間というのは、どの程度の期間になるのでしょうか?また、具体的に権利が行使されない場合というのは、どのような場合でしょうか?借金する場合は、借入先としては家族や友人、あるいは消費者金融や銀行が一般的でしょう。実は、一定期間の長さがこの借入先によって違ってきます。大きく分類すると、家族や知人、友人の個人の場合と消費者金融や銀行などの会社の商取引の場合になります。

民法によると、10年間債権は行使しないと無くなるとありますが、民法の適用によって借金が個人間の場合は、消滅時効が10年になります。一方、商法によると、商行為による債権の場合は5年間行使しなければ時効によって無くなるとあることから、商取引の場合には消滅時効が5年になります。つまり、個人の債権者の場合には時効が10年で成立し、会社が債権者の場合には時効が5年で成立することになります。このように、債権者によって時効が成立する期間が違っているため注意しましょう。

借金にも時効があるか

Published / by 管理者

借金にも時効があるのでしょうか?借金というのは、消滅時効があります。ここでは、消滅時効の期間の債権の種類による違いについてご紹介しましょう。貸主がキャッシング業者である消費者金融などの場合には、キャッシング業者が個人であるか会社であるかということによって消滅時効の期間は違ってきます。キャッシング業者が個人の場合には10年の消滅時効の期間になり、キャッシング業者が会社の場合には5年の消滅時効の期間になります。しかしながら、キャッシング業者が個人の貸主の場合でも、例えば、キャッシングが個人事業者などの営業目的の場合には、商事債権となるため、5年の消滅時効の期間になります。

貸主が信用金庫のキャッシングの場合には、商法上の商人に信用金庫は該当しないというような判例が示されているため、会社ではないため10年の消滅時効の期間になります。しかしながら、貸主が信用金庫の場合でも、例えば、個人事業者などの会員の営業目的の場合は、商事債権となるため、5年の消滅時効の期間になります。 貸主が銀行の場合には、銀行は会社であるため、5年の消滅時効の期間になります。このように、借金の消滅時効の期間は、貸主によって違っているため、注意することが必要でしょう。

借金も時効がある

Published / by 管理者

借金の場合にも、実は時効があるのです。時効としては、消滅時効という権利を一定期間行使しないとその権利が無くなってしまうものと、取得時効という一定期間他の人のものを持っているとそのもの自体を持つ権利を取得することができるものの2つの種類があります。しかしながら、いくつもの金融業者からキャッシングして、多重債務に悩んでいる場合の借金の場合の時効というのは、消滅時効の方になります。

借金の時効というのは、返済を法律で決められた一定期間行わないと、返済義務が借主に無くなるというものです。これは、長期間一定の事実状態が続いた場合、法律関係において社会の安定を図るため、権利関係としてそのままその状態を認めようという考え方や、権利を長年主張しない場合は守る必要がないというような考え方に基づいているものです。 借金の時効の期間については、民法において10年間と決められています。しかしながら、借入先が消費者金融や銀行等の会社の場合には、時効が商事債権として適用されるので、借金の時効の期間は5年間になります。

なお、会社ではなくて個人が借入先の場合には、民法と同じように、10年間の時効の期間になるため注意することが必要です。しかしながら、個人の貸金業者が借入先の場合でも、商法によって、時効の期間は商事行為としての5年が摘要になる場合もあります。 ここでは、借金にも時効があるか、消滅時効が適用になる、法的な権利が消滅する、についてご紹介します。