借金にも時効があるか

借金にも時効があるのでしょうか?借金というのは、消滅時効があります。ここでは、消滅時効の期間の債権の種類による違いについてご紹介しましょう。貸主がキャッシング業者である消費者金融などの場合には、キャッシング業者が個人であるか会社であるかということによって消滅時効の期間は違ってきます。キャッシング業者が個人の場合には10年の消滅時効の期間になり、キャッシング業者が会社の場合には5年の消滅時効の期間になります。しかしながら、キャッシング業者が個人の貸主の場合でも、例えば、キャッシングが個人事業者などの営業目的の場合には、商事債権となるため、5年の消滅時効の期間になります。

貸主が信用金庫のキャッシングの場合には、商法上の商人に信用金庫は該当しないというような判例が示されているため、会社ではないため10年の消滅時効の期間になります。しかしながら、貸主が信用金庫の場合でも、例えば、個人事業者などの会員の営業目的の場合は、商事債権となるため、5年の消滅時効の期間になります。 貸主が銀行の場合には、銀行は会社であるため、5年の消滅時効の期間になります。このように、借金の消滅時効の期間は、貸主によって違っているため、注意することが必要でしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket