借金も時効がある

借金の場合にも、実は時効があるのです。時効としては、消滅時効という権利を一定期間行使しないとその権利が無くなってしまうものと、取得時効という一定期間他の人のものを持っているとそのもの自体を持つ権利を取得することができるものの2つの種類があります。しかしながら、いくつもの金融業者からキャッシングして、多重債務に悩んでいる場合の借金の場合の時効というのは、消滅時効の方になります。

借金の時効というのは、返済を法律で決められた一定期間行わないと、返済義務が借主に無くなるというものです。これは、長期間一定の事実状態が続いた場合、法律関係において社会の安定を図るため、権利関係としてそのままその状態を認めようという考え方や、権利を長年主張しない場合は守る必要がないというような考え方に基づいているものです。 借金の時効の期間については、民法において10年間と決められています。しかしながら、借入先が消費者金融や銀行等の会社の場合には、時効が商事債権として適用されるので、借金の時効の期間は5年間になります。

なお、会社ではなくて個人が借入先の場合には、民法と同じように、10年間の時効の期間になるため注意することが必要です。しかしながら、個人の貸金業者が借入先の場合でも、商法によって、時効の期間は商事行為としての5年が摘要になる場合もあります。 ここでは、借金にも時効があるか、消滅時効が適用になる、法的な権利が消滅する、についてご紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket