法的な権利が消滅する

消滅時効というのは、お金を借りた人に対してお金を貸した人が請求等をしないで、法律で決められた一定期間が経った際に、お金を借りた人の権利の法的なものが消滅するものです。例えば、借金を金融機関からしていたが、全く5年間以上請求されなく、返していなかったような場合、消滅時効を金融機関に対して主張すれば、金融機関は返済をお金を借りた人に要求することが不可能になります。消滅時効が成り立つためには、法律で決められた一定期間が経過し時効中断が無いこと、消滅時効をお金を借りた人が主張することが必要です。

時効中断の場合には、返済や支払督促・訴訟等の裁判上の請求等が該当するため、返済もしなく、訴訟も起こされない期間が一定期間続いている必要があります。一定期間を経って時効中断が無い場合に、消滅時効をお金を借りた人が主張することによって消滅時効が成り立ちます。しかしながら、消滅時効が成り立って一定の期間が経っている場合でも、1度でも返済を消滅時効を主張しない間に行うと、消滅時効を主張することは不可能になってしまいます。そのため、返済を最後に行ってから期間が相当経ってから、請求が貸金業者から届いたような場合には注意しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket