消滅時効が適用になる

民法上の時効としては、消滅時効取得時効の2つがあります。借金の時効の場合は消滅時効が適用になります。消滅時効というのは、権利が一定期間行使されない場合に、その権利が無くなるものです。

では、一定期間というのは、どの程度の期間になるのでしょうか?また、具体的に権利が行使されない場合というのは、どのような場合でしょうか?借金する場合は、借入先としては家族や友人、あるいは消費者金融や銀行が一般的でしょう。実は、一定期間の長さがこの借入先によって違ってきます。大きく分類すると、家族や知人、友人の個人の場合と消費者金融や銀行などの会社の商取引の場合になります。

民法によると、10年間債権は行使しないと無くなるとありますが、民法の適用によって借金が個人間の場合は、消滅時効が10年になります。一方、商法によると、商行為による債権の場合は5年間行使しなければ時効によって無くなるとあることから、商取引の場合には消滅時効が5年になります。つまり、個人の債権者の場合には時効が10年で成立し、会社が債権者の場合には時効が5年で成立することになります。このように、債権者によって時効が成立する期間が違っているため注意しましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket